お問い合わせ
改装計画

改装計画のこだわり

高性能な価値ある建物を目指して

日本の家の平均寿命は、約30年と言われています。
これは、他の先進国に比べ極端に短いものです。
欧州や欧米では、家の平均寿命は、70年~140年です。
日本の家が短命な理由は、高度経済成長による質より量を優先したことで、
家の性能を軽視し、建物価値より土地価値を重視したことで、
中古住宅市場が成長しなかった為、
日本の平均寿命は、短くなったと言われています。
近年、日本の住宅もストック型社会に向かっています。
日本人の「もったいない」精神で、
今の家を耐震性能や断熱性能を高めることや
古い材料を生かし建物が価値のあるものにしてまいります。

改装計画はお客様がしあわせになるお手伝いをしています

改装計画ではフルリフォームや部分リフォームはもちろん、
耐震補強や断熱化のリノベーションも行っております。
今お住まいの戸建住宅やマンションのリフォーム、中古物件を購入して
リノベーションまで幅広く対応出来ますので、
お客様のご要望に合わせた提案が可能です。
ご要望を直接ヒアリングすることで、理想の住まいをお客様と一緒に造り上げていきます。
初回プランでは無料で行いますのでお気軽にお問合せください。
専門のスタッフが責任をもってサポートさせて頂きます。

改装計画のおもい

お客様の思いを大切に

改装計画では、お客様の思いを大切に快適な暮らしを創造し建物価値を高めます。
「末永く住めること」「健康でいられること」「使い勝手がいいこと」
「費用と生活バランスがいいこと」をおもいながら家づくりをしてまいります。

イメージ 末長く住めること

大きな災害に備えるには、家の構造はとても大切です。
築年数の古い家は、現在の建築基準法の耐震基準に適合していない場合があります。
それは平成12年6月以前に建てられた家は現行とは異なる耐震基準のもと建築されているからです。
リフォームする際には一部の部屋でも基準に近づけることで、末永く住める環境を実現できます。

健康でいられること

交通事故より家で亡くなる方が多いのはご存知でしょうか?大半はヒートショックによるもので年間17,000人に達するともいわれており、交通事故での死亡者の約4倍にあたります。さらに中国地方に建つ家の内部温度は北海道に建つ家の中より寒いという調査結果もありますが、断熱改修などを行うことによりそれらの外因を防ぐことができます。

使い勝手がよいこと

家の不満で多いのは収納量や動線が悪いことなどがあります。
住んでみて実感することも多く1階と2階の収納量が適していない、水まわりが離れていて家事をするための歩行距離が長い、またライフスタイルの変化で1階だけで住める環境にしたいなど、要望がご家庭ごとに違います。
ヒアリングをもとに使い勝手がよく快適な生活ができるプランを提案してまいります。

イメージ 費用と生活バランスがよいこと

リフォーム・リノベーションにおいても住宅ローンが活用できるのは、ご存知でしょうか?
自己資金でご計画の方は住宅ローンの利息が不要ですが、住宅ローンを活用することで減税することも可能です。生活バランスを考え、毎月いくらなら住宅ローンを無理なく支払えるのかシミュレーションすることが大切です。毎月の支払が多すぎるなど生活環境の低下につながることは、お勧めしません。改装計画では、お客様に合った資金計画をご提案いたします。

改装計画

改装計画に関するお問合せは

tel:0852-67-38500852-67-3850

〒690-0011 島根県松江市東津田町435-2
◎営業時間/9:00~17:00 ◎定休日/水曜日